テゴでおばちゃん

育児のために転職する看護師も少なくありません。特に看護師の場合、子どものことと仕事との両立が困難であるので、子どもを預けられる時間帯のみの勤務だったり、出勤日が少ない職場での勤務だったりが見つかると良いですね。育児の間のみ看護師をお休みするという人もかなりいますが、育児をするにはお金がなくてはならないので、看護師の資格を有効利用できる別の職を探したほうが良いでしょう。看護スタッフが別な職場に行きたいと思ったら、インターネットの転職サポートサービスを使うとよいでしょう。ナース向けの仕事紹介は、職安や求人雑誌には紹介されないことがたくさんあります。一方、看護職に特化した人材派遣サイトでは、限定公開の人材募集をチェックできるのみならず、気になる組織風土などが確認できたりします。なんとなく言うのが憚られる労働条件の相談をお願いできる所も少なくありません。看護師の資格を取るには、何通りかのコースがあります。看護師免許を得るためには、国家試験を受ける必要がありますが、いきなりは受験できません。試験を受けるためには看護専門学校(3年間)、看護系の短大(3年間)、看護系の大学のいずれかに通い、看護について学習するという条件があります。看護師国家試験に合格するよりも、断然、看護学校を卒業する方が難しいと思う人も多いといわれています。看護学校というのは、とても厳しいらしく、レポートの提出が遅れてしまったり、試験に通らなかったなどのちょっとしたことでも留年だそうです。それほどに厳しい学校を卒業し、看護師国家試験にも合格した人は、ぜひとも看護師の仕事についてほしいものですね。産業看護師とは一般企業に勤務する看護師のことを指します。看護師といったら病院やクリニックをイメージする人が多いですが、医務室を置く会社もあり、そういう場所で働く人もいます。具体的な仕事、その果たす役割は勤務する会社によって色々ですが、社員達の健康を維持し、管理することは必ずすることだと思います。産業看護師とは、従業員が健康に仕事に従事できるように保健の指導やうつ病を防止するための精神的なケアも行います。産業看護師は求人の公開が一般にされていませんから、ハローワークで見つけようとするのは不可能だと思います。興味を持った人は看護師専用の転職HPを利用してください。そういうサイトなら、産業看護師の募集も掲載されることが多いです。キャリアアップを考えて転職を検討する看護師も存在します。能力を磨いておくことで、高収入を得ることも可能です。その職場によっても看護師の業務内容は異なっているため、自分がぴったりだと感じるところを検討することは必要でしょう。内科の外来が合うと思える人もいれば、特別養護老人ホームがピッタリだという人もいるので、意欲的に転職を検討するのもアリかもしれません。看護士を目指す理由は実際、どんなことをきっかけにして看護師になりたいと思ったのかを交えるようにすると、イメージが良くなるものです。転職の時の理由はこれまでに経験したことを活かしたいより誰かの役に立つ技術を身につけたいなど、ポジティブなイメージを持たせられるようにしてください。これまでの職場に対するマイナスのことは口にしないことが大事です。

広告
標準

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中